感じる大切さ

こんにちは

昨日、高知市内にこの冬初めての雪が降りました。

高知の子どもたちは雪をあまり知りません。

 

雪が積もるのは10年に一度あるかないか

もしも雪が降り積もると、至る所で車が滑り

交通事故が発生して大渋滞になります。

 

でも子どもたちには雪を見て、手に触れてみて

冷たいとか握ると固まるとか溶けるとか

色々なことを感じて欲しいものです。

 

きっと1時間でも2時間でも大はしゃぎに

なるの思います。

本を見て知ることと実際に触れて知ることの

違いを感じてほしいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です